タブレットとposシステムによる売り上げアップ術

subpage1

posシステムは、昔から、商業施設や各種店舗で日々の売り上げを集計し、データ分析を行う手段として活用されてきました。



近年では、posシステムも現代的な機能を搭載するようになってきており、タブレットを使ってデータ入力が出来たり、posレジを実現する為に、ディスプレイ部分をタブレットにしたりといった製品が数多く登場しています。

OKWave情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

タブレットは、インターネットやネットワークとの親和性が高く、消費者の間でもよく活用される端末になっています。
posシステムを導入する際には、使いやすさやデータの分析のしやすさが重要であり、多くのデータを多彩な項目を設定して可視化出来るようになっている事が大切です。


売り上げをアップさせる為には、人気商品の把握、不人気商品の割り出しと迅速な撤去が不可欠です。
不人気商品を長期間店頭に置いておく事は、顧客への販売の機会を失う事に繋がります。

また、その分、スペースを占拠している事になりますので、人気商品をより多く消費者に販売する機会を逃してしまいます。タブレットを使ったposシステムは、データ入力が容易であり、多彩な分析が出来るようになっていますので、どのタイミングで人気商品を売っていく事が出来るのかが把握可能です。



ホストコンピューターと連動している事で、月単位や年単位の分析を行えるようになっています。
タブレットは、スタイラスペンなどがあれば、より入力がしやすくなるでしょう。