POSレジのスケールアウトできるシステム

subpage1

POSレジのシステムは従来、スケールアウトできる仕組みとはなっておらず、キャッシュレジスターは追加できても処理容量が足りなくなればシステム全体のハードウエア構成を替えていくケースも少なくありませんでした。

特に伸び盛りだったコンビニ形式の店舗などではシステム更新が激しく行われています。しかも、ビッグデータの活用が進んでいることからサーバの処理容量は日々需要が増えています。そこで重要となっているのがPOSレジも含めたスケールアウトできるシステム作りです。

エキサイトニュース情報探しに特化した総合サイトです。

スケールアウト対応ではクラウドを活用したり、社内にクラウド環境を作って柔軟な対応が行われてきています。



POSレジ自体も柔軟なシステム構成が組めるように変更が行われてきており、外部装置とともに柔軟性が高くなっています。
POSレジの拡張性は主に支払い方法の追加にあります。


クレジットカードやポイントだけだった外部装置に各種電子マネーが増えたことで日々支払い方法は拡張が続いています。

また、サーバ側についてはビッグデータ解析用の処理装置が増加されてきています。
従来のサーバを増やせばよいという方針だけではすぐにスペースや保守料で頭打ちになります。
そこで利用するときだけ借りられるクラウドが利用され、構成によってはすべてをクラウドに設定している構成も増えてきています。従来の構成に比べてランニングコストが大幅に下げられる事例が多く、浮いた費用をさらにデータ分析に回すことができるなど好評を得ています。