ポスレジとは何か、タブレットでできることは

subpage1

ポスレジとはポスシステムによって金銭などを管理するレジスターの略称です。
ポスシステムは金銭管理だけでなく、顧客情報や天候・時間帯なども管理できるシステムで、ポスレジはバーコードを読み取って商品の部門や品名・値段などをデータに残したり、レシートに印刷することが主な利用法です。

記録されたデータを集計分析して売れ筋商品をいち早く見だしたり、不良在庫の発見や商品補充を円滑にするなど商品管理において力を発揮しています。


顧客へのサービス満足度を調べたり、満足度を上げることにもつながるので事業や経営の効率化に役立つシステムといえます。



仮にこの集計と分析を人に任せる場合、かなりの人手が必要になります。

普段の業務を圧迫して人件費も嵩み、人為的なミスも起こりやすくなるので、これらを改善できるポスレジの導入は現場においてもメリットが大きいです。


タブレットにポスレジアプリやその機能を加えたものもあります。

独自のシステムで2ちゃんねるの専門技術を身につけましょう。

持ち運びに便利なタブレットを使うことで店内だけでなく、外出先からでも管理・確認作業ができるようになりました。レジのように大きくてスペースを取ることもないのも魅力の1つです。
しかしタブレットは簡易的な分、品数の多い食料品店などでは不向きという欠点があります。
個人経営などの小規模な範囲で使う他、既存のポスレジと組み合わせて使うことが重要だといえます。



導入に要するコストや分析能力、扱う人へのサポート体制を十分考えた上で利用することが大切です。