レジと連動させて使うタブレットの活用法

subpage1

タブレットは、一般的に情報端末機として認識されており、オンラインサービスを利用する為に使われる事が多いです。



しかし、業務用のタブレットは、飲食店やコンビニなど様々な店舗での利用に最適であり、レジとの連携も出来ます。

業務用タブレットは、顧客からの注文を入力して、同時にPOSレジにデータを入力していく事が可能です。


レジは、通常通り使う事ができ、これ単体でもデータ入力は可能です。

2ちゃんねる情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

POS向けのレジは、バーコードを読み取るリーダーがあり、これによって簡単にデータを読み取れます。
そうして得たデータは、様々なアプローチから分析を行っていく事ができ、一日の売り上げや月毎の売り上げデータだけでなく、商品がどの時間帯で売れているのか、男女別でどの商品が一番人気であるのか、季節や天気毎にどの商品が売れるのかを知る事が出来ます。
POSレジを使えば、売り上げを向上させる為の方法を考える事ができ、ヒントを得られるようになります。



ホストコンピューターにデータを送れば、ホストコンピューター側に構築されているデータベースに保存する事ができ、時には、ここから参照する事が出来ます。


タブレットは、持ち運びがしやすい端末であり、様々な所へ持っていく事が出来ますので、店舗でのデータ入力に適している物となっています。


その為、注文を取りに行ってデータを入力したり、発注を行う為のデータ入力をしたりという作業がしやすいというメリットがあります。